脱毛するリスクについて

脱毛はリスクが全くないと言うわけではありません。気軽に出来て魅力的ですが、どんなリスクがあるのか知っておいた方が良いです。

光脱毛後は毛嚢炎や硬毛化現象が起こる可能性がある

フラッシュやレーザーなどの光脱毛を施術をした後は、毛嚢炎が起こる可能性があります。毛嚢炎は太い毛が生えている部分を処理した時に起こりやすいです。医療機関で施術した場合は、診療から治療まで対処してもらえます。

サロンの場合は施術までなので、治療はしてもらえません。 硬毛化現象が起こる可能性もあります。

背中の細い毛や上腕部を脱毛していくと、抜け落ちた後に生えてくる毛がだんだん太くなってしまう現象です。何も生えていないように見えたところから毛が生え出したり、産毛が黒くしっかりした毛になってしまったりします。他にも多毛化現象と言うのがあります。脱毛をしたところが、施術の前よりも増える場合があります。産毛が硬毛化してしまい目立つようになり多毛化したと感じます。

肌が乾燥していると火傷も起こりやすいので保湿を心がけよう

可能性は低いですがシミが出来る場合や火傷の恐れもあります。火傷は肌が乾燥していると起こる可能性があるので、肌の調子を良くして、しっかり保湿をしておくと良いです。火傷などのリスクはありますが、自分で処理する時のリスクよりもサロンなどで施術をしてもらう方が安心です。

自分で処理すると、カミソリの影響で毛穴の炎症や黒ずみが起こる可能性があります。サロンでは施術をした後にクールダウンしてトリートメントで肌のケアをしっかりしてくれます。

人気の郡山の脱毛サロンまとめ

脱毛には麻酔があるの?

自己処理を続けていると、色素沈着や肌荒れなどの様々な肌トラブルがおきやすくなります。元々敏感肌の人だとカミソリをあてるのも怖いという場合もあるでしょう。

日々のお手入れの負担を軽減するべく脱毛をしようと思っていても、よく痛いという意見を聞いて少し迷っている方もいるのではないでしょうか。

脱毛の施術で痛みを感じるかどうかは個人差がありますが、やはりレーザーを使って行うとなるとかなりの痛みを伴う事が多くなります。

そこで照射レベルを下げてしまうと施術効果も弱まってしまいますから、余計にサロンやクリニックに通うことになってしまいます。通う回数が増えるとその分だけ自分自身の時間とお金をさらに使うことになります。

痛みに弱い方はカウンセリン時に要相談

全てのお店ではありませんが、痛みに弱い方のために麻酔も用意してくれているお店もありますので、カウンセリングの際に一緒に相談しておくと良いでしょう。

利用するのとしないのとでは施術の際の感じ方に差が出てきます。利用する時には脱毛の施術とはまた別にその都度料金が発生する事が多くなりますので、麻酔の利用はどのようになるのか、金額や使い方も聞いておくようにすれば安心です。

以前に比べれば施術に使う機器も進化していますので、痛みも昔よりは楽になってきています。部位によっては範囲が狭く短時間で終わりますので、我慢できるなら我慢をしてもいいですし、耐えられないと思ったら早めにスタッフに相談して麻酔の利用も検討しましょう。

ミュゼに3年通うとどうなる?

ミュゼでは、全身脱毛のほかに部分脱毛もすることが可能です。この脱毛する箇所と回数によって値段が変わります。回数は、自己処理を減らそうと思えば10回から15回程度、完全に脱毛を完了させようと思えば15回から20回ぐらい通う必要があります。

個人の毛の濃さや、光レーザーとの相性によって効果を発揮する回数は異なりますが平均でいうとこれぐらいかかります。ミュゼでは1回ごとの施術に2ヶ月程度あける必要があります。

新しい毛が生えてくる周期と関連しているのですが、この期間をあけないとなかなか効率的に脱毛を進めることはできません。そのため、18回通うと約3年時間がかかります。3年というと20歳で通い始めても23歳になるまでかかるので、かなり長い期間かかります。

完全にムダ毛が生えてこないようになるのは3年程かかる

しかし、これはパーフェクトにツルツルな肌を完成させようと思った場合で、本来は1年から2年ほどある程度の回数を通えばかなり生えてくる毛は減ってきて、自己処理する機会も減らすことが可能です。

たいていの人は12回、2年ぐらい経てば月数回の処理で問題なくなるので、それぐらいからかなり楽になります。せっかく脱毛をするのであれば完全に毛が生えてこない状態に仕上げたい、という人には3年ほど通うのをおすすめします。

1回あたり2万円ほどの価格がしますので、そこまでパーフェクトでなくてもある程度綺麗にできれば問題ないという人であれば2年ぐらい通えば満足できるはずです。